プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

女性に嬉しい 美容の味方イソフラボン

一度は聞いたことがある【イソフラボン】。
食品だけではなく、化粧品などに配合されていることでもよく知られている成分です。
女性にとって、どのような働きをしてくれるのでしょうか。
イソフラボンとは、女性ホルモンと非常によく似ていると言われています。
女性らしさを生み出す【エストロゲン】と類似していることが分かっています。
エストロゲンは、肌の新陳代謝を促進する・ハリを保つ・骨を丈夫にする・コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ・女性らしい体をつくる・自律神経を安定ささせるなどの働きがあります。
加齢に伴いエストロゲンが減少すると、女性に対して様々な症状をもたらします。
そこで登場するのがイソフラボンです。
まず、女性に多く見られる、更年期障害の症状であるのぼせ・ほてり・冷え・憂うつ感・肩こりなど女性ホルモンの低下によって引き起こされる諸症状に有効的です。
また、女性に起こりやすい病気として骨粗鬆症がありますが、こちらにも有効的です。
牛乳などでカルシウムを摂取していても、女性ホルモンの分泌が少ない場合、カルシウムが骨の中に留まることが出来ません。
イソフラボンは、カルシウムを骨なら逃げ出さないようにする作用もあるのです。
その他、乳がんや子宮ガン、卵巣ガンなどの予防としてイソフラボンを摂取していた人たちの方が発ガン率が低いというデータも明らかになっています。
しかし近年では日本人の欧米化が進み、食も変わってきています。
そのことによりコレステロール値が高くなっている傾向にありますので、もう一度、食を見直してみるのはいかがでしょうか。
病気の予防の他には、やはり美容効果が挙げられます。
肌の弾力を保っているコラーゲン。
イソフラボンは、このコラーゲンを増やし、更に肌の新陳代謝を高めることで肌のターンオーバー(生まれ変わり)をサポートしてくれるのです。
ターンオーバーがスムーズだということは古い角質がいつまでも肌に残らずはがれ落ちていくということです。
ハリ・弾力はもちろんのことごわつきやくすみといったものの改善にも繋がっていきます。
いつまでも若々しい肌でいる為に、イソフラボンは非常に有効的な成分であると言えるでしょう。
ここで摂取をする上での注意点があります。
化粧品の場合は特に問題ありませんが、やはり内面からの効果を一番に期待する人が多いのではないでしょうか。
しかし、たくさん摂れば良いというわけではありません。
女性が元々持っているホルモンバランスが崩れ、逆に悪影響を引き起こす場合もあります。
胃腸の調子が悪くなったり、生理不順といったものを引き起こす場合もあり得るのです。
摂取の目安として、一日あたり70mg~75mgと言われています。
食品に例えると、豆腐半丁で約51mg、豆乳一杯で約45mg、納豆一パックで約51mg配合されています。
つまり、体に良いからと言って、一日に何杯も豆乳を飲んだり、大豆製品がよいからといって味噌汁を毎食や納豆と加えて摂取したりすることはかえって逆効果なのです。
有効的な摂取の仕方を覚え、内側からも外側からも美しい肌・体でいれるように、正しい知識を身につけることが大切です。
いつまでも若々しい女性でいたいものです。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.