プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンを摂取する事を意識した食事をする

毎日の食事の中で、色々な栄養素をバランスよく摂取する事が理想的です。
しかしそれは中々難しいものであり、専門的にそういった栄養の分野を学んでいたとしても実際にずっと毎日実践し続けていく事は困難である事でしょう。
ましてや特に専門的に知識を得ている訳でもなければ、バランスの良い食事の献立を考えるという事は困難を極める事であるだろうという事が容易に想像出来ます。
多少の偏りはある程度長期的に考えるようにして栄養の偏りを無くす事も大切かもしれません。
特に女性が食事の面でも気になる所は美容に良いかどうかといった点なのではないでしょうか。
コラーゲンなどが肌に良い事はよく知られている話ですが、大豆食品などに多く含まれているイソフラボンという栄養素も、女性であれば出来るだけ摂取しておきたい栄養素の一つなのではないでしょうか。
大豆食品は比較的普段の食事の献立の中にも取り入れ易い部分が多いのではないでしょうか。
豆腐などはそのまま食べる事も出来ますし、味噌汁などの具にする事も出来ます。
硬めの物であれば野菜炒めなどのように炒める事も可能ですし、大きめにカットしてステーキのように食べる事も出来るでしょう。
豆腐は優秀な食材です。
潰して形を変える事によってお菓子などにも手軽に入れる事が出来ます。
豆腐を作る為の豆乳も色々な料理にアレンジする事も出来ますし、勿論そのまま飲む事も出来ます。
そのもの自体に余り味がない為に、デザートでもプリンなどのクリーム系の物にもアレンジする事が可能です。
それを絞った搾りかすであるおからにも沢山の使い道があります。
おからにも勿論余り元々の味がない為に、色々な料理などの量増しに活用する事が出来ます。
勿論おからをメインに野菜などを入れて炊いて食べる事も出来ます。
私の母はよくようやっておからを炊いてくれます。
濃い目の味付けであれば立派なおかずになりますし、薄めの味付けでサラダ感覚で食べる事も出来るでしょう。
大豆はたんぱく質なども豊富であり子供が成長していく過程で必要な栄養も豊富に含んでいます。
女性や子供に特に良い食材であると言えるでしょう。
勿論女性に魅力的なのはイソフラボンの効果です。
肌を綺麗にする効果だけでなく、女性ホルモンに働きかけて生理周期などを整えていく効果なども期待できるのではないでしょうか。
私自身実際に、学生時代には生理不順でありまた生理痛なども重かった為に、きてしまうと保健室で休む事も多かったのですが、納豆を毎日食べる事を心がけ始めてなるべく必ず食べる事を実践し始めて以来、昔に比べて周期が安定し、生理痛自体も以前よりは軽くなったような気がします。
私はヨーグルトなどが苦手である為に、乳製品において発酵食品を摂取する事が少ないのですが、納豆という発酵食品を継続的に食べる事によって便通なども良くなってきたように感じられます。
昔は生理痛に加えて酷い便秘であったりもしました。
現在では便秘になる事の方が稀であり、殆ど毎日快便であると感じる事が出来ています。
朝からお腹がすっきりするという事は、思いの他その日一日の気分を盛り上げてくれる事に貢献してくれます。
イソフラボンを沢山含んだ大豆食品を摂取するという事は、色々な面で体に良い影響をもたらしてくれる事になるのです。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.