プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

女性の強い味方のイソフラボンを摂取するには

イソフラボンは女性の強い味方です。
でもそれが、どうして女性に良いと言われているのか、わかりません。
そこで、身近な食品にも多く含まれているというこの成分について、私は詳しく調べてみました。
そもそも、この成分とは、ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールとは、複数の水酸基というものを持つ化合物の総称です。
ポリフェノールにはたくさんの種類があります。
赤ワインで一躍有名になりました。
またポリフェノールの共通の働きとして、強い抗酸化作用があります。
ポリフェノールとは、殆んどすべての植物に存在する成分であり、大きく分けると二つに分けられます。
淡黄色や無色のフラボノイド系のものと、カテキンやアントシアニンなどのノンフラボノイド系のものです。
イソフラボンは、フラボノイド系のものに分類されます。
この成分は、マメ科の殆んどの種に多量に含まれています。
そして女性の強い味方であるこの成分を、人間がよく食べる食物で摂取しているのは何かと言うならば、大豆が最も一般的なものとされています。
その為、大豆イソフラボンとよく言われます。
ではどの辺りが女性の味方をしてくれるのかというと、その働きによります。
エストロゲンと言われる女性ホルモンと似たような働きをします。
その働きを行うのは一般的に、体内で吸収されてから、大豆イソフラボンアグリコンというものに変化をしてからになります。
主として、更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があると言われています。
また骨粗鬆症では特定健康用食品として、骨の健康維持に役立つ、という表示が許可されたものがあります。
私がまず考えたのは、この先の健康です。
年齢とともに女性ホルモンが減少していくのは、仕方のないことです。
それをどうやってサポートしつつ、健康に暮らしていくかを、若いうちから実践しようと思いました。
でも大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることから、乳がんになるリスクが高いと言われることがありました。
それについて調べてみると、大豆イソフラボンのみを日常の食生活に上乗せして摂取した場合に、安全性が検討されたとありました。
それは、簡単に言えば、多く摂りすぎた場合だということです。
いつもの食事プラス、サプリメントを飲む場合の一日の安全な成分の摂取量は、30ミリグラムとありました。
どんなものでもそうであるように、ある種類だけを摂取するのはよくないということです。
やはり日常生活の中で健康になるには、バランスの良い食事をすることが重要だということです。
そのバランスの良い食事の中で、大豆食品を摂取したほうが、食生活としては理想的です。
私は思いました。
やはり健康とは、地道な努力なのかもしれません。
高額な商品を購入するよりも、あるいは、病気になってから、高額の医療費をかけるよりも、スーパーで販売している誰でも手にすることの出来る安い物で健康を育てていくべきなのでしょう。
そんなわけで私は毎朝欠かさず、豆乳のホットミルクとパンを食するようになりました。
ちなみにマーマレードは腸にいいということなので、それも必ずパンに塗ります。
こうすれば、私の胃袋に納まった大豆イソフラボンは、マーマレードで動きがよくなった腸からよく吸収され、私の未来は安泰、と勝手に想像している私です。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.