プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンで健康増進を図ろう

イソフラボンが最近注目されています。
骨粗鬆症や更年期障害、乳がんなどの女性疾患に対して効果があるとされています。
特に欧米で注目されています。
日本人の長寿、そして上記の骨粗鬆症・更年期障害・乳がんなどの発症率の低さは大豆イソフラボンにあるとして研究されています。
まず、年期障害の改善に大いに有効です。
のぼせ、ほてり、しびれ、心悸亢進、下痢、発汗、肩こり、腰痛、冷え症、うつ病、焦燥感、ひん尿、不眠、耳鳴り、記憶力や判断力の低下、倦怠感などの更年期障害び諸症状は女性ホルモンの不足が原因だからです。
イソフラボンは、女性ホルモンと同様の働きをします。
また、骨粗鬆症にも有効です。
いくらカルシウムを牛乳などから摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中からカルシウムが溶け出してしまいます。
それを防いで、骨の密度を高くたもってくれるのです。
動脈硬化にも有効です。
血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという実験結果が得られています。
美容にも効果的であるとされています。
女性らしいからだをつくるにはエストロゲンという物質が必要となりますが、イソフラボンがこのエストロゲンと同じ働きをするのです。
美白作用、保湿性の向上、バストアップ、生理不順の改善などがあります。
さらに、もともと自然界に存在する物質であり、弱い働きをするものなので、副作用の心配はないといわれています。
更年期障害のためには通常エストロゲンを投与しますが、之に比べて副作用が少ないという利点があります。
摂取しない手はないでしょう。
イソフラボンの摂取量は一日に40~50mgが理想的です。
豆腐なら半丁、きなこなら20g、納豆なら60gです。
多く摂取すればいいというものでもないので注意が必要です。
大目に摂取されたものは体外に排出されます。
多く含まれる食材は以上の豆腐、納豆、きな粉以外にも、油揚げ、味噌、豆乳などに多く含まれます。
大豆を中心とした和食の見直しが必要です。
近年は食の欧米化が著しく、日本人の血中コレステロール値は増加しています。
血液がさらさらでなければ、生活習慣病のリスクが高まります。
また、学生などの勉強をしなければならない人も、しっかり大豆を摂りましょう。
大豆を食べることで脳の血液循環が良くなり、脳細胞自体の働きを活発にしてくれます。
記憶力も高まりやる気を起こす働きもあるとされています。
もしどうしても大豆が苦手であったり、食べられない環境にある人は、サプリメントを利用することで摂取することができます。
しかし、サプリメントでイソフラボンのみを摂取するよりも、大豆食品を摂取したほうが理想的な食生活に近づきます。
各栄養素のバランスを考えて摂取することを忘れてはなりません。
これほどまでに様々な効果のあるものなので、大いに摂取すべきです。
そして欧米の食文化に毒された体を少しでもクリーンにしていきましょう。
今のままの食生活は非常によくないことは、誰もが知っていることです。
毎日の食卓に、例えば納豆を1パック加えるとか、冷や奴を一皿加えるとかするだけでも、毎日続けるうちに健康状態は必ずや改善されていくことでしょう。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.