プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

エストロゲン作用のあるイソフラボンは女性の味方

イソフラボンは、以前から健康食品としては有名な成分です。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲン作用があるとして、特に女性にとって関心の高い成分であります。
私が、はじめイソフラボンの摂取を意識しだしたのは、バストアップが目的でした。
卵胞ホルモンであるエストロゲンには、女性らしい身体をつくる作用があるために、バストを豊かにするのにも効果的だと言われています。
しかし、ホルモン剤を服用するのは身体への安全性からも躊躇してしまいます。
そこで植物性エストロゲンといわれるイソフラボンに注目しました。
大豆や葛などに多く含まれているために、日本人は納豆やお味噌汁、豆腐などから取り入れやすい成分だと言われていますが、忙しい毎日のなかで食事の度にお味噌汁を作るということもなく、毎日大豆製品を取り入れた食事をすることはありませんでした。
そこで、外食が続きがちな日々でも取り入れやすいようにイソフラボン配合の製品を活用するようになりました。
さすがに人気の成分だけあって、配合されている製品は多数販売されています。
例えば、カプセル状になったサプリメントタイプや、粉末状になっていて何かに溶かして摂取するものまで様々なタイプがあります。
またより手軽にとれるような、食品に添加されているものもあります。
バータイプのクッキーやビスケット、また飲料水などにも高配合されていたりします。
これらの製品は、場合によって使い分けるためには大変便利でした。
忙しい朝に、食事の代わりにクッキータイプを食べたり、また旅行へはサプリメントタイプを持っていったりしました。
こうやって使い分けることによって、毎日イソフラボンを摂取することが可能となりました。
それから、大豆イソフラボンについて詳しく調べてみると様々な効果があることがわかりました。
上記でも述べたように植物性エストロゲンとしてエストロゲンと同じような働きが出来るのですが、エストロゲンは女性の身体に、実に様々な効果をもたらすものなのです。
エストロゲンは、美肌ホルモンと言われる程美しい肌作りにはかかせないもので、減少するとコラーゲンが弱くなり、シワやたるみの原因となってしまいます。
また、ニキビなどが出来やすくなったり、うぶ毛が濃くなるとも言われています。
確かに、意識して摂取するようになってからは生理前でもニキビが出来にくくなりました。
他にも、エストロゲンは更年期障害や中性脂肪、コレステロールにも影響があり、減少すると動脈硬化や生活習慣病のリスクが増加してしまうのだそうです。
また、骨の形成をサポートするという役目もあるために、骨を丈夫にして骨粗しょう症を予防してくれます。
年齢的には、骨粗しょう症なんてと思っていましたが、今は、更年期をむかえる前の女性でも、お年寄りのようにスカスカの骨密度の人が増えているのだそうです。
ですから、今から予防の意味も込めて摂取するのは、意味のあることだと感じています。
イソフラボンの摂取で、私が気になったのは副作用のことでした。
しかし、上限を超えて摂取しても体内に留まらず体外に排出されるそうです。
よく言われているのは、乳ガンのリスクが増えるということですが、ヒト試験に基づく結果では、そのような直接の因果関係は認められてはいません。
ただし、何事もバランスが大切ですから、そこは過剰な摂取には気をつけた方が良いと思います。
私には、女性らしい身体作りや、美肌、生理前のイライラの軽減に効果を感じることが出来ました。
また骨粗しょう症や生活習慣病などの予防のためにも、これからも取り入れて行きたいと思います。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.