プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンで女を磨く努力とは

大豆イソフラボンが女性の体に良いということを知った私は、毎日の食事に積極的に取り入れるようになりました。
大豆イソフラボンの成分が豊富だと言われる納豆などは、毎晩のように私の食卓に並びます。
納豆に刻みネギを入れて、左右の手で50回ぐらいずつ丹念にかき回して、納豆の粘りを出します。
こうすることで、大豆イソフラボンが増量するということはないでしょうが、美味しくなるので私はそうしています。
それと朝晩のストレッチ、これは欠かせません。
せっかくお腹に収めた食材の成分を余すことなく自分の体に吸収するのは、健康であれば出来ることです。
料理を作る時においしくなーれ、という魔法の言葉があるように、体に栄養よとどーけ、みたいな魔法の言葉を私は呟きつつ、ストレッチをしていました。
でもある日、毎日の繰り返しが目に付き、鼻に付き、頭に付き、何だか苦痛になってきたのです。
こんな私の心情を、私は友人に打ち明けてみました。
だからもう、怠い、やだなーって思っちゃってさ、どうしような、と私は言いました。
彼女は、辛抱強く私のダラダラした愚痴のような不満のような話を聞き終ると、そう、じゃ、やめれば、と言いました。
ううーん、でも、と私は言い淀みます。
振り返れば、私と彼女のこの手の会話は、いつもこんな調子で進みます。
私が話して彼女が聞いて、その後彼女がトドメの言葉を言い放つ、というパターンです。
私にはわかっています、そう、頭の中では。
体重、コレステロール、更年期障害、お肌のハリとツヤ、やめるイコールばつ印、危険、さらに危険、そんな言葉たちが私の目の前で大きくなって私に向かって来るのです。
でもさ、ほら、人間は本来、飽きっぽい性格なのよね、と私は自分を援護します。
あんたね、この先嫁にも行かず、独身でいるんだったら、自分の体は自分で守んなきゃならないじゃないの、やめたら後悔するんじゃないの、と友人の言葉は容赦ありません。
確かに友人の言葉には一理あります。
しかし私は、めげずに食い下がります。
だって私、修行僧じゃないし、そんなにストイックなこと出来ないわよ、ご陽気で美味しい物や楽しいことが好きな性格なのよ、と私は友人にムキになって言います。
わかったから、じゃ、もうやめれば、と友人。
私は、いやよ絶対に、と言い返します。
そうよね、年齢とともに女性ホルモンが減少していくんだから、その補充をやめたら、女らしさも減るよね、きっと、と友人。
私は真剣に彼女の言葉に頷きます。
そして最後には必ず、私は結婚をまだ諦めていないから、女を磨いていこうと思うの、と決意します。
これって私、何度目の決意表明だろうかと思いながら。
具体的な話、飽きたら色々と他の物を試してみるのもいいかもね、と友人は言い、私はそうすることにしました。
食材に関しては、大豆食品以外に新しい物を探してみました。
すると、あります。
イソフラボンは、ザクロやパンやクッキーに使われる亜麻の種子やライ麦などにも含まれていました。
いざとなればサプリメントが手軽ですが、過剰摂取ということを考えると医師などに相談したほうがいいようです。
私は友人と一緒に食事をしながら、泣いたり笑ったりして何時間も色々なことを話しました。
気の合った友人との食事とお喋りは、私にとって最高のストレス解消であり美容法なのかもしれません。
女性の悩みでもあるバストアップに効果的なイソフラボンはこちら。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.