プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

大豆イソフラボンが病気から女性の体を守ってくれる

大豆イソフラボンが、女性の体にとてもいい働きをするというのはよく知られています。
この成分は、大豆の胚軸部分という、大豆が成長すると芽になるところに多く含まれる抗酸化物質の1種です。
これは細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑えてくれる優れものです。
またこの成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造と働きをすることに注目されました。
女性ホルモンのエストロゲンとは、卵巣ホルモンとも言われています。
このホルモンは女性の美しさや若々しさを維持するお手伝いをします。
ただ単に、美しさや若々しさをを保つだけではなく、様々な病気などから女性の体を守ってくれます。
女性ホルモンとは、女性にとってなくてはならない美と健康の神様のようなものです。
しかし加齢に伴い、女性ホルモンの分泌量は減少します。
女性の体はやがて更年期、そして閉経を迎え、更年期障害と言われる心と体のトラブルに苛まれる女性が多くなります。
これはとてもやっかいな病気で、その症状報告は個人個人により違います。
最近では、まだ閉経を迎えていなくても何らかの原因により、更年期障害に悩む女性も見られます。
特にどこも悪くないのに、体の調子が悪いという場合、婦人科などの血液検査で女性ホルモンが減少しているのかどうかが判明出来ます。
毎日を明るく健康に過ごしたいと願っている女性は、若いうちから大豆イソフラボンを少しずつでも体に取り入れたほうが、未来は明るくなります。
大豆イソフラボンがこんなにも女性の体にとって、重要な助っ人になるのだ、というのを私が実感したのは、あることがきっかけでした。
私が将来、なるかもしれない恐ろしい病気、更年期障害のことを身近に感じたのは、同年齢の友人が、実はそうだったという話を聞いてからです。
その友人とは30代半ばという若さです。
友人の話を聞いた私は、ウソでしょ、と目を見張りました。
それは私が更年期障害とは、うんと年齢を重ねてからの話だと思っていたからです。
友人の見た目は、老けているようには見えません。
化粧や服でごまかしているのよ、と彼女は笑っていましたが、私のイメージする更年期障害を抱えた女性とは程遠いのです。
友人は最初、うつ病かと思ったそうです。
でも血液検査で女性ホルモンの減少が確認されたそうで、原因がわかってよかったよ、と友人の表情は明るいものでした。
生理が終わっていなくても、ストレスとか食生活とか、何かの原因でそうなるらしいようです。
やはり一番の改善策は食生活のようで、私も友人も、自分の食事を見直すことにしました。
ではどうやって毎日の食生活に取り入れるかというと、悩みます。
大豆イソフラボンを多量に含んでいる食品は数多くあるからです。
ざっと代表的なものの名前を挙げても、納豆、豆腐、油揚げ、味噌、きな粉、豆乳などです。
納豆や味噌などが苦手で甘いものが大好きな友人は、豆乳にココアを入れ、砂糖の代わりにハチミツを加えて飲むのが一番長続きしそうだと言っていました。
それで今日は不足しているなと思ったときは、サプリメントを飲むそうです。
私は、酒好きの辛党なので、味噌や豆腐、納豆などを駆使し、ネットなどで簡単な調理法を取り入れ、酒のつまみとして週末は作り置きをするようになりました。
私はこの方法だったら、今のところ末永く、大豆イソフラボンと付き合っていけそうです。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.