プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

女性に嬉しい効果が詰まっているイソフラボン

女性は年齢が高くなってくると同時に様々なトラブルがお肌や身体に起こってくるのですが、私も40代に入り少しずつ更年期の症状が出始めたので少し焦りがありました。
生理の周期が乱れる事や、お肌の乾燥やたるみなどが深刻になってきたので何とかアンチエイジングをしようと色々と試してはいたのですが中々効果が出るものには出会えませんでした。
ところが女性に良いと言われる大豆イソフラボンを摂取するようにしてみたところかなりお肌の調子が良くなり生理の周期も気が付けば順調になっていたのには驚きました。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をしてくれるありがたい存在なのですが、老化の原因でもある活性酸素も除去してくれるのでアンチエイジング効果もバツグンです。
更年期障害が出始めた事でホルモンの量が減っている事には気が付いたのですが、その代わりをしてくれる大豆イソフラボンはまさに救世主になってくれました。
女性ホルモンが減る事でお肌も不調になりどこか心も落ち込んでいたのですが、今では元の若々しいお肌と心が戻ってくれたので意識しながら摂取するようにしています。
女性ホルモンはエストロゲンとも呼ばれるのですが、これがきちんと分泌されているのとされていないのではかなり見た目にも身体の中にも影響が出てきます。
一番摂取しやすいのは豆乳なのですが、大豆製品には多く含まれているので豆腐料理やお味噌など出来るだけ和食を心掛けるようにすると自然とイソフラボンが体内に取り込めるので無理なく若々しいお肌と身体を手に入れる事が出来ます。
大豆イソフラボンの役割は色々とあるのですが、私は摂取するようになってから更年期障害特有のホットフラッシュが無くなりました。
ホットフラッシュは突然顔が熱くなり大粒の汗をかいてしまうので、人前に出る時や外出の際はヒヤヒヤして思うように毎日を楽しめなかったのが苦痛でした。
ところが大豆イソフラボンのおかげで快適な毎日が送れるようになったので多くの更年期障害に悩む方にオススメします。
また女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をしてくれるのでハリや弾力を保つコラーゲンの量を増やしてくれたり新陳代謝を高めてきれいな美肌を作ってくれて今では昔のように高価な化粧品に頼らなくても大丈夫になりました。
最近ではがんのリスクを少なくするという作用も分かってきたのですが、大豆製品を多く食べる習慣のある日本の方が欧米に比べるとがんの発生率がはるかに低いのもすごい点です。
美しさは表面ではなく身体の中から作り出すという事を実感したのですが、まさにイソフラボンは女性からすると夢の栄養素です。
私はこれから本格的な更年期を迎えるにあたっては骨粗鬆症も気になっているのですが、きちんと摂ったカルシウムの流出を防いでくれる効果もあるので毎日意識しながら摂取しています。
大豆製品は色々な食材と相性が良いのでお料理に使ったり、手軽に補給出来るサプリメントも利用しながら体内に取り入れています。
一日の量の目安としては豆腐なら半丁くらいで納豆なら1パックくらいなので朝食や夕食の時に色々とアレンジしながら美味しく補給して若さを保っています。
今一番売れているイソフラボンランキングはこちら。

女性ならではの悩みである生理痛や子宮筋腫にはプロポリスが良いそうです。

↑プロポリスが女性にもたらしてくれる嬉しい効果についてはこちらにかいてあります。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.