プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

日焼け止めやイソフラボンを使うことで紫外線とうまく付き合っていく

最近はどんどん暖かくなり、紫外線も日々増加し始めています。
暖かくなると、外出する機会も増え、晴れた日に一日中外で過ごす日も多くなります。
その時に日焼け止めを塗ったり、スカーフや帽子なので紫外線対策をすることは非常に大切です。
紫外線の影響で肌が荒れたり、体調を崩す可能性があるからです。
私は約10年近く肩こりに悩んでいます。
最近は、食生活の変化や生活習慣の変化などにより肩こりや慢性の腰痛などの症状を持つ人が増えています。
そのため、湿布をよく使うのですが、湿布薬の中にはがした後に紫外線を浴びると皮膚炎を起こすものもあるそうです。
以前皮膚が荒れた時に皮膚科へ通い、皮膚科の先生から聞きました。
それ以来、市販で使っている湿布薬の説明をお薬手帳に貼り、何か問題があった時にすぐに対応できるようにしています。
自分が使っている薬の成分や特徴を知っておくことはとても大切だと思いました。
他にも血圧を下げる薬を飲んでいる人は要注意です。
服用者は首や腕などに日光が当たると薬疹がでます。
そのまま薬を飲み続けると悪化する可能性があるので症状が出たら服用の中止か医師に相談し薬の変更をしたほうがよいです。
日本人が訴える自覚症状のランキングでは、男性の1位と2位は腰痛を肩こりで、女性の1位と2位は肩こりと腰痛です。
このような症状が出れば誰でも薬を飲んだり、湿布を貼ったりして対処使用をするのが普通です。
だからこそ誰にでも起こる可能性があるので十分に気をつけたいです。
最近は、日焼け止め効果のある化粧品がたくさん出ています。
一つの化粧品で美容液の日焼け防止などの複数の効能を持つものも多く見かけるようになり、手早く簡単に化粧ができるようになりました。
朝は忙しくうっかり首やうなじなどに日焼け止めを塗り忘れてしまうことが以前は何度もありました。
しかし、この複数の効能を持つ化粧品を使うようになってからは首回りなども顔と一緒に塗ることができ塗り忘れる回数もだいぶ減りました。
ここ数年は紫外線の量が増え、特に3月ごろからは急激に紫外線量は増え、何かと悪者にされてしまいがちな紫外線ですが、太陽が出て晴れている日はとても気持ちがいいものです。
また太陽の光を浴びることでカルシウムが吸収されるので骨密度が増えるということもあります。
さらにイソフラボンを摂取することでコレステロール値の上昇を抑えたり、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨粗しょう症の予防や改善にも効果があると言われています。
紫外線の量が増えると、特に春先は肌の抵抗が弱まっている時期なので肌が荒れたり、老化を早めたりと悪いことが気にかかったりもしますが、そのような考えは捨ててみるのもいいと思います。
暖かくて気持ちのいい外へ出て、楽しく遊びながら紫外線を浴びて骨を強くすることは一石二鳥です。
外に出て遊んでいれば紫外線のことなど気にならなくなります。
これからさらに暖かくなり、着るもので体温調節できるので数ヶ月間は快適な気分で過ごせると思います。
気持ちのいい気候になるからこそ普段行かない場所へ足を運んでみるようになり、新しい発見や出会いにつながると思います。


↑こちらで紹介されているローヤルゼリーにも美肌効果があるので多くの女性たちから支持されています。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.