プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

太りだしたかな?と思ったらイソフラボン

イソフラボンとは
まず、ポリフェノールは、フェノール酸とフラボノイドに分かれます。
フェノール酸には、クロロゲン酸、エラグ酸、リグナン、クルクミン、クマリンがあり、
フラボノイドには、カテキン、アントシアニン、タンニン、ルチン、イソフラボンがあります。
イソフラボンはポリフェノール酸の一つであるフラボノイドのうちの一つになります。

イソフラボンには、女性ホルモン、エストロゲンと同様の働きをする力があります。
エストロゲンは、卵巣から分泌されます。
イソフラボンには、更年期障害、骨粗相症、動脈硬化、生活習慣病の予防、骨密度維持、美容の効果があります。

イソフラボンが含まれる食品
イソフラボンが多く含まれる代表的な食品は大豆です。豆腐、納豆、みそ、油揚げ、
きなこや豆乳、しょうゆやおからなど、普段口にする機会の多い食品に、イソフラボンは含まれています。

一日のイソフラボンの摂取目安の量は、40mgから50mg、分かりやすい具体例としましては、納豆1パックくらいになります。
摂取の上限は、70mgから75mgです。
イソフラボンのサプリメントなどは、イソフラボンを摂取しやすいのですが、過剰摂取にならぬよう注意が必要です。

イソフラボンを多く含む食品のダイエット
イソフラボンを特に多く含む食品は凍り豆腐やきな粉、味噌などが挙げられますが、
毎日気軽に摂取でき、ダイエットに向いているイソフラボンを含む食品として、豆乳が挙げられます。

豆乳は、低カロリーで栄養バランスが優れている上、代謝も良くします。
豆乳に含まれる栄養素は、大豆サポニン、大豆ペプシド、レシチンがあります。
大豆サポニンは、ダイエットで気になる糖質や脂肪がすぐに吸収されるのを防ぎます。
また大豆ペプシドは、脂肪燃焼を促す効果があり、これもダイエットには非常に大きな利点になります。
レシチンには、動脈硬化の予防、老化防止、脳細胞、神経細胞の活性化、美肌効果などがあります。

イソフラボンには、肥満改善、予防の効果があり、ダイエット、健康面においても優れています。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.