プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

大豆イソフラボンで健康になりましょう

最近様々なメディアで健康に関することが取り上げられています。
特に食品に関してはブームが来ると、スーパーからその食品が無くなる現象もしばしばあります。
大豆製品もまた、健康に良いとされ話題になったことも記憶に新しいですね。
豆乳がスーパーから無くなって手に入れることが難しくなり、探し回った経験をした人もいるのではないでしょうか?
その時々の流行りもありますが、健康に良いものはいつの時代であっても取り入れたいと思いますよね。
また、健康に対する悩みもいつになっても尽きないものです。

日本人である私達にとって食事の面でも欧米化が進む中、
今一度日本食を見直してみることで健康への近道が見えてくる気がします。
意識して摂取しなければならない日本古来の食材も多々ありますが
、その中でも大豆に注目して、今一度その良さを知って健康になりましょう。

大豆イソフラボンはその名のとおり大豆や大豆製品に多く含まれる成分ですが、
イソフラボンはポリフェノールの分類の一つであるフラボノイドです。
大豆の他にもクズなど、マメ科の植物に多く含まれています。
やはり手っ取り早く摂取するには大豆製品が1番ではないでしょうか。

そしてイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることから、
植物エストロゲンとも呼ばれていますが、女性ホルモンのバランスが崩れることにより起こる問題を解決するのに役立ちます。
例えば女性特有の悩みである、月経周期の乱れや肌のはりやツヤの減少または乾燥、乳房のはりがなくなる、
更年期障害による倦怠感や頭痛など、毎日の生活に大きく関わってくる健康障害や、子宮内膜増殖病、
乳がんや子宮がんなどを予防したり改善にも効果をもたらします。
まさに女性ホルモンの分泌のバランスを整えて、健康へと導く役割を果たしてくれます。

その他にも、骨粗鬆症や糖尿病、がん、動脈硬化や脱毛に対する予防や改善、また悪玉コレステロールを抑制し、
善玉菌を増やすなど、嬉しい効果が認められています。
女性だけでなく、男性にも摂取して損はない成分だと言えるでしょう。

嬉しいことに、これらの病気を予防する大豆製品は、日本人にとって取り入れやすい食材です。
理想なのは1日に50mgくらいのイソフラボンを摂取することですが、
身近なところで言うと、豆腐であれば1/2丁、納豆は1パック、油揚げだと1/2枚、豆乳なら120mlくらいです。
どれもさほど無理して取らなければならないほどではありませんし、サプリで取り入れるのは控えてなるべくこういった食品を意識して食べる方が良いでしょう。
私達が生きていく上で、健康は1番大事だと言っても過言ではありません。日々元気に過ごして、楽しい人生を送るためにぜひ参考にしてください。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.