プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

大豆に含まれるイソフラボン

大豆やほとんどの大豆製品に含まれるイソフラボンですが、
これを摂取することにより、どんな効果があるのかご存知ですか?
今やスーパーにも牛乳と同じくらい豆乳が並んでいて、大豆イソフラボンをアピールするものもよく見かけます。
いかにも健康に役立つようなイメージですよね。
このイソフラボンはそもそもどういったものなのか、
また私達にとってどういう効果をもたらすのか、詳しく調べてみました。

イソフラボンは別名「植物エストロゲン」と呼ばれ、エストロゲンとは女性ホルモンのことです。
この2つは科学構造も似ているようで、女性ホルモンの分泌量が減っていく際に、
このイソフラボンで補うことが出来るらしいのですが、こういった働きをすることが、女性にとっても嬉しいポイントです。
ホルモンの分泌量が減少するということは、女性ホルモンのバランスが崩れ始めているということです。
個人差もありますが、ホルモンバランスが正常に保てなくなると様々な弊害が起きてきます。
女性らしさを作るために必要不可欠な女性ホルモンが少なくなると、生理不順になったり、
肌荒れなどの原因になることもあります。
また更年期障害に伴い頭痛に悩まされたり倦怠感が続くなど、生活に支障をきたす場合も少なくありません。

大豆に含まれるイソフラボンは、こういった症状を緩和する効果が期待できます。
日本食には昔から大豆を使ったものも多く、豆乳、豆腐、納豆などが代表的ですね。
日本人にとっても身近な存在である大豆は、私達の健康に役立つありがたい食品です。

また、大豆製品を摂取するにあたり、牛乳や小魚と言ったカルシウムが豊富な食材と組み合わせることで、骨粗鬆症予防になります。
青魚やきのこ類と一緒に摂取すれば、悪玉コレステロールを抑えるのに有効です。
そして肉や魚、卵などのたんぱく質と一緒に取れば美肌効果に役立ちます。
組み合わせる食品によっても、より効果が期待出来るので参考にしてみてください。

そしてサプリメントから摂取するよりも、ぜひ自然食品である大豆製品からイソフラボンを、取ることをおすすめします。
骨粗鬆症や動脈硬化、血液中のコレステロールの低下や脱毛などにも効果が期待される大豆のイソフラボン。
女性に限らずとも男性にとっても健康体に近付けてくれることでしょう。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.