プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンは副作用の心配が無いってホント?

最近、更年期障害に良い効果をもたらす成分として注目されているイソフラボンですが、
女性ホルモンのエストロゲンの代わりを担うことが出来るとして、女性にとっては気になる存在ですよね。
また、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きにより動脈硬化を予防したり、
髪の毛の成長に必要なタンパク質を増やし、育毛にも効果があるとされていますので、男性にとってもまた、摂取したい成分です。

健康に良いとされるとしながらも、実は過剰な摂取には注意が必要と言われているこのイソフラボン。
イソフラボンは副作用がない?と言われれば、答えはNOです。
この成分は女性ホルモンに関係しているだけでなく、骨粗鬆症や癌の予防にも効果があると言われていますが、
食品安全委員会の専門調査会からも1日の摂取量の目安が発表されるなど、推奨されている安全基準があります。
過剰摂取に気を付けるべきだと言われると少し身構えてしまいますが、このイソフラボンの副作用について調べてみました。

イソフラボンの摂取量は、1日70~75mgを目安とし、普通の食事にサプリメントなどで上乗せする場合は30mgという量が推奨されています。
それを越える量を過剰に摂取するとどのような症状がでるのでしょうか?

本来は女性ホルモンのバランスを整え、女性らしい体へと導いてくれるはずのイソフラボンですが、
取りすぎることにより月経の周期が乱れたり、乳がんや子宮がんなど発がん性の危険が高まると言われています。
そのため、妊婦さんや乳幼児などにはサプリメントや特定保健用食品などで、
通常の食事(大豆や豆腐、豆乳など)に上乗せする摂取方法は勧められていません。
もちろん、本人やその家族が乳がん経験者であったり、ヨウ素欠乏症であったりしても勧められません。
また、男性においても胸が膨らんできたり、精子の動きが弱くなったりするといった実験報告も挙げられています。

このように、過剰摂取の副作用を並べてみると、摂取すること自体も躊躇してしまいそうですが、
これはあくまでも摂りすぎた場合の話です。

日本では昔から大豆製品は身近な存在でしたし、
豆腐や納豆などといった普通の食品として体の中に取り入れた場合は特に問題はないようです。
大豆イソフラボンは、体の中に取り込まれ過ぎないように、ちゃんと抑制する力も持っています。

イソフラボンを摂取しようと思った時、サプリメントではなく食品から摂取することを意識していれば、
大きな副作用はまずないはずです。上手に取り入れて、健康な体を手に入れましょう。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.