プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

1日どれくらい摂取していい?


イソフラボンと聞いて、大豆を連想する人は多いでしょう。そしてなんとなく「健康に良いイメージ」を持つ人も少なくないですよね。
実際、大豆イソフラボンを強調した食品も多く出回っていますし、流行もありました。
健康のために豆乳を飲んだりしている人もいるでしょう。

イソフラボンは、具体的に何に良いのかというと、まずは女性にとっては嬉しい作用があるということです。
イソフラボンが注目されたのも、女性の更年期障害に良い効果をもたらすという点が主な理由でしょう。
歳を取り、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうため、それを補う役割を果たすのがイソフラボンです。
女性ホルモンのエストロゲンと似ていることから、「植物エストロゲン」と呼ばれるくらいです。

このように女性にとっても、有難いイソフラボンですが、注目されるようになってから、
過剰に摂取することには問題があるということが分かりました。
通常、日本人は昔から大豆や納豆など、身近な食品として摂取してきましたが、
それに加えサプリメントでさらに摂取するということには気を付けなけれぱなりません。

目安として一日の摂取量は70~75mgで、そのうち食品以外(サプリメントなど)で取るのは30mgまでとした安全基準が発表されました。
また、特に家族や本人が乳ガンであった場合や、妊婦、乳幼児などには過剰摂取にならないように気を付けなければなりません。
日本以外でも大豆イソフラボンは注目されていますが、サプリメントや大豆強化食品などは、
やはり上記のような方にはすすめていないようですし、医師と相談して摂取するなどといったように、慎重に扱っているようです。
しかし、食品としてイソフラボンを摂取するのは特に問題はないようで、大豆や豆腐、豆乳、納豆など、食べ過ぎたからといってもさほど心配しなくても良いようです。
普通の食品には、過剰に体に吸収するのを防ぐ機能も備わっているので、
あくまでも食事以外でプラスに摂取する場合に気を付ける必要があるのです。

イソフラボンの期待できる効果としては、女性ホルモンのバランスを整えたり、
悪玉コレステロール菌を減らして善玉を増やす働きもあります。
また、がんの抑制にも効果があります。しかし、過剰な摂取は逆に発がん性の危険も高まり、
月経周期が遅れたりなど女性ホルモンのバランスを崩し、整えるはずが乱れてしまうことになりかねません。
上手に摂取すれば、健康に良いとされるイソフラボンですから、過剰摂取しないようになるべくサプリメントに頼らず食品から摂取するようにしましょう。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.