プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

エストロゲンとイソフラボンの関係

「エストロゲン」という言葉を聞いたことがありますか?
エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれています。
女性ホルモンは、柔らかく女性らしい体つきを作ったり、胸を膨らませたり、月経や妊娠、出産にも大きく関わっています。

いわば女性にとってはなくてはならないものであり、重要な働きを担ったものです。

しかしこの大事な女性ホルモン、エストロゲンは個人差はありますが、
40歳を過ぎてくると減少する傾向にあります。
エストロゲンが減少することにより、体調不良を引き起こし、肌にハリがなくなったり、
胸に自信が無くなる、また頭痛やイライラ、ひどくなればうつ病になることもあります。
特に閉経した後は、更年期障害が出て女性を悩ませています。
エストロゲンの減少が女性ホルモンのバランスを崩してしまい、それが原因でそういった障害が出てくるのです。
それ程女性にとって大事な役割を果たしているのがエストロゲンです。

そして、そのエストロゲンと似た働きをするとして注目されているのが「イソフラボン」です。
イソフラボンは植物エストロゲンとも呼ばれるくらい、エストロゲンとの関係も深いのです。
イソフラボンといえば、大豆を思い浮かべる人も多いでしょう。
まさに、大豆胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種だと分かっていて、最近注目されています。

このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ていることから、減少したエストロゲンを補うのに役立ちます。
女性は年齢と共にエストロゲンの分泌が減少しますから、イソフラボンを摂取することは大切だということが分かります。
また、ただ補うだけではなく、増えすぎたエストロゲンを抑制する効果もあるので、
まさに女性ホルモンのバランスを整える役割を果たすと言っても過言ではないでしょう。
エストロゲンが増え過ぎると乳がんや子宮がんを引き起こす原因になると言われていますし、
イソフラボンはその他のがんを予防する効果も認められています。

また、動脈硬化を引き起こす原因となる悪玉菌LDLコレステロールを減らし、
善玉菌を増やしたり、骨の中のカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きをするなど、嬉しい効果ももたらします。
もちろん、女性ホルモンのバランスを整えますので、美肌効果や保湿、豊胸にも期待できます。

このように、エストロゲンとイソフラボンは化学構造が似ているので、エストロゲンの働きを助けるイソフラボンは、
とても優秀な食物成分だと言えるでしょう。特に女性にとって大事なものが、身近な食品から得ることが出来るのは嬉しいですね。

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.