プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンで更年期障害対策

女性らしいふっくらとした体型、透明感のあってキレイな肌、黒々とハリのある黒髪・・・
こういった「女性らしさ」を作り出すために女性ホルモンは働きます。
しかし、この女性ホルモンの乱れによって女性はとても振り回されるのです。
その女性ホルモンの仕業によって早い人は月経がはじまってからスタートし、
閉経するときにマックスを向かえます。
ここで終わるかと思いきや女性ホルモンの減少による骨密度の減少で骨粗しょう症になりやすくなったり・・・と
女性は女性であるからこそ、このホルモンに一生を振り回される運命なのです!!

というと救いようがないようにおもわれますが・・・
一定の周期によって減少する女性ホルモン、このバランスを上手に保つことができれば
きたるべく更年期障害も怖くない!

これを予防するにはイソフラボンがよいとされています。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンのバランスを整えてくれる作用があります。
エストロゲンの減少によってでてくる不快症状の例をあげると
のぼせ、冷や汗、ひえ症、体全体的なだるさ、倦怠感、眠気など
更年期の代表的なものには顔だけがのぼせる、汗が多く出るという不快症状がありますよね。
これはまさに閉経前のエストロゲンの減少から起こる女性ホルモンのいたずら。
イソフラボンを摂取することでエストロゲンににたような作用を促す効果があるため
「植物性エストロゲン」ともいわれるもの。
不足してくるエストロゲンを補ってくれるのです。
こういった時期に摂取することでホルモンバランスの乱れによる不快症状を和らげる作用があります。

よくホルモン療法というものがありますが、これにはエストロゲンの過剰摂取による副作用もあることも事実。
エストロゲンが過剰に出ていることで、よくいわれているのは乳がんになりやすいと言われています。
ホルモン療法はホルモンを足すため、こういったホルモンに依存している臓器ががん化しやすいのです。
しかしイソフラボンは過剰分泌を抑えることも可能。
がん予防にもなるのです。
もちろん摂取することで副作用はないので安全な栄養素といえます。

更年期障害の対策にはプラセンタも良いでしょう。
▼プラセンタの更年期障害に対するはたらきについてはこちら

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.