プエラリア&イソフラボンで魅力UP

女性ホルモン様作用がバストアップや美肌、ダイエット、更年期症状等の改善効果をもたらしてくれます。

女性ホルモン研究室
画像

  • 大
  • 中
  • 小

イソフラボンについて

イソフラボンと聞くと、まずはじめに「大豆イソフラボン」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
大豆イソフラボンはいまや様々な化粧品アイテムや健康食品関連に取り入れられている
女性にとってはマストアイテムとなっていますが、

そもそも「イソフラボン」という成分はどういったものなのでしょうか?
ちょっと掘り下げて調べてみましょう。

イソフラボンはフラボノイドの一種とされてます。
フラボノイドというのはワインやチョコレートなどにも多く配合されている、
いわゆる「ポリフェノール」と呼ばれているグループの一種です。
アントンシアニンとかカテキンとかも同じフラボノイドの仲間になります。
抗酸化作用の高い天然の有機化合物なのです。

フラボノイドの仲間であるイソフラボンはとくに大豆製品(マメ科)に多く含まれているといわれています。
大豆でいうと、ゲニステインとダイゼインというイソフラボンが主な主成分で
これらがとくに女性ホルモンのエストロゲンによいとされています。

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとも言われていて、非常に女性ホルモンと似たような働きをすると言われています。
ですからエストロゲンが減少して起こりやすくなるといわれている病気の予防にもつながるともいわれているのです。

・骨粗しょう症の予防
・卵巣の摘出における女性ホルモンバランスの乱れによるがん予防
・更年期や生理前症候群の予防
・抗酸化作用の効果による動脈硬化の予防
などなど

こういったイソフラボンは大豆はもちろん様々なマメ科の植物に含まれています。
たとえば、もやしやさやまめ、葛根湯の主成分である葛根等です。
豆腐のように加工されている商品でもイソフラボンの成分はそのまま保有しているため
大豆食品を日ごろから使用している日本ではとても摂取しやすい食べ物とされてます。
とくに納豆や味噌の大豆を発酵させてつくられた食品はイソフラボンの質や量がぐんと増加します。

味噌は塩分があるためとりすぎには注意が必要ですが、
朝にご飯と味噌汁と納豆という組み合わせは女性にとってとても優れた朝食なのです。

                    

メインメニュー

商品ごとに徹底分析!

Recommend

Copyright© 2013 isoflavone and Pueraria All Rights Reserved.